• お洒落な飲食店のレジがタブレット型端末の理由

    お洒落な雰囲気の飲食店に訪れると、お店に欠かすことができないレジの様子が、従来とは異なる事に気づいている方が増えてきています。



    あまり意識していない方でも、以前よりお会計をする場所がすっきりとした印象に感じています。


    その理由は、従来式の大型なレジを採用せずに、タブレット型端末で飲食店のお会計を担っているためです。

    チェーン店ではない限り、通常は飲食店を開店させるのは1つのお店から始まります。

    その後、事業が軌道に乗っていくと支店が増えていくことになるのですが、支店が増えると売上の管理が難しくなる上に、様々なシステムを新たに導入する必要も出てきます。
    また、システムを導入したものの連携が上手くとれないといった悩みや、仕様変更によりコストが生じることもあります。

    そこで、レジをタブレットにすると店舗が拡大した場合でも容易に対応することができますし、コストの観点でも経営に貢献してくれます。

    時折、タブレット型端末をレジの代用として使うと、計算しか行えず現金支払いしか対応できないのではないかという心配の声が寄せられます。

    お勧めのReutersを検索してみてください。

    しかし、そのような心配は無用でクレジットカードを使った支払いにも難なく対応できますし、プリンターと連携させることによりレシートも発行することが可能です。

    さらに、スタッフ達の勤怠に関する管理もアプリを使えば行えるので、他に勤怠管理用のコンピューターを導入する手間と出費を省くことができるのです。