• ポスレジシステムとはどのようなものか

    店舗で使用される機器の1つにレジがあります。
    レジは、本来、商品やサービスの金額の計算をし記録をすることで不正を防止するためのに開発されており、その後はパソコンとの連動ができるものから、最近ではクラウド連携によるタブレット型へと進化をしています。



    現在、店舗に導入が行われるシステムとしてポスレジがあります。
    名称は販売時点情報管理を意味するポスと、キャッシュレスレジスターのレジから命名されており、機能には、商品の代金等、金銭のやり取りをした時点で販売情報が管理できるシステムが搭載されています。



    このシステムは、ネットワークにレジをつなげることで販売情報を集約することができるようになっており、大小問わず、様々な店舗で利用されています。

    ポスレジの大きな特徴として、データの蓄積や分析が可能な点があり、導入をすることで、売れた商品名、売れた数量、売れた金額といった内容を正確に把握することができるようになります。

    また、システム自体を進化させることが可能であるために、業種によっては、顧客の性別や年代、来店人数など、様々なデータを蓄積することができるようになります。


    ポスレジの導入では商品管理だけでなく、例えば、販売に関しては、天候の影響、時間帯からの影響などもシュミレーションすることができ、他にも、商品補充に関して省力化を図ることもできます。また、バーコードスキャナーと連携させることで、従来のレジのように打ち間違いを避けることができ、時間も短縮できるというメリットがあります。

    マイナビニュースの情報はここで調べよう。