• 飲食店のレジの重要さ

    飲食店に勤務している人は、正職員やアルバイトなど職種は異なっても、しっかり管理することが必要です。



    レジは最終的な費用を求める行為になりますので、間違いがあってはならないのです。


    飲食をでろくにしていないのに、多額請求をされてしまっては、損失を被ったと思い、店員に文句をいいたいケースもあります。
    自分自身の注文を理解することも大切ですが、飲食店の対応が正しい場合もあるので、しっかり理解しなくてはなりません。

    飲食店はほとんどの場合、アルバイトを雇っているケースが多いです。


    不慣れな仕事なので、働いているご自身も雇い主としても、なかなか仕事を任せたりすることはないはずです。

    Reutersの有益な情報を提供します。

    余程の能力がない限り、信用されるこては少ないと思っても良いです。



    スーパーなどのアルバイトでは、レジ処理をしなければなりません。

    レジは簡単だと思う人もいると思われますが、買い物の最後を締めくくる役割で、利益の源泉と言えるような仕事なのです。


    一番大切なことは、しっかりお客さんに接することができるか否かです。
    いくら知識があっても、消費者に対する説明能力があっても、心から消費者に対することの意義を理解していない人は、社会人として失格です。

    人柄などを評価されることもありますが、いくら人格がよくても、しっかり仕事ができず、不満と感じられることもあるのです。
    冷たい仕事の仕方よりも、温かい気持ちを持っている人が実績を得られるとはずです。

    自信をもって営業活動などをすることが大切です。